升田世喜男の理念、政策や活動報告、事務所のご案内

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

img_head_profile

昭和32年、日本海に面した本州最北端の港町『小泊』で私は生まれました。
我が家もそうでしたが、多くが漁業に従事し冬期間は出稼ぎに行くというのが当たり前、いわば『寒村』という表現が似合う場所でした。
モノ視点からすれば貧しかったのかも知れませんが、暮す人のココロは決してそうではなかったと思うことがあります。
tanbo006豊漁だった、農作物が多くとれた、また珍しいものをもらったと言っては、隣近所で分け喜ぶのが日常でした。当時は人口4,500人ほど、住民全員が信頼の上に成り立っているため、鍵をかける習慣さえないほどです。共同体意識に支えられていたのだと思います。
そういう環境で育ち、育てられてきたためでしょうか。行き過ぎた競争原理や富の偏りなどに違和感を覚えるのだと思います。

現在は青森市に暮していますが、時間を見つけては小泊に向かいます。
みんな土地の言葉と海風でやけた笑顔で迎えてくれます。蜀咏悄謠蝉セ・縺ォ縺薙↓縺薙・縺オ繧吶◆DSCN1693
素直にうれしい。
しかし膝を交えれば厳しい現実を訴えてきます。
それに応えるのが政治の役割、同じ目線で、生活観で問題点を理解する事が大切だと思うのです。
そして住民目線で解決しなければ満足は得られません。

人口が減り、高齢化が進む現状を目の当たりにしながら、地域に、そして地方に生まれ育ったことを誇りに感じる瞬間です。

略歴等

昭和32年6月生まれ。青森市在住
青森県立木造高校卒業 拓殖大学中退
ビーチサッカー初代初代実行委員長

小泊観光協会会長・小泊村議会議員(3期)西北五精神薄弱児組合議員(2期)・青森県議会議員(2期)
商工観光労働副委員長・農林水産常任委員長
衆議院選挙(平成17年、平成21年)出馬   無所属
参議院選挙(平成22年)出馬
たちあがれ日本公認
衆議院選挙(平成24年)出馬
日本維新の会公認
1区選挙区、東北比例区どちらも次点
衆議院選挙(平成26年)出馬
維新の党公認 初当選
合流にて、新党、民進党となる。

 

  • 
青森県実業団剣道連盟副会長
  • 
木造高等学校剣道部後援会会長
  • 新岡精弥杯争奪剣道大会大会長
  • 青森県立商業高等学校 PTA副会長
  • NPO法人子どもネットワーク・すてっぷ会員
  • ボランティアサークル太陽の会 会員
  • 拉致された日本人・青森救う会 会員

その他

剣道5段
座右の銘 無名有力

 

選挙区

青森市(浪岡地区含む)・平内町・外ヶ浜町・今別町・蓬田村・むつ市・大間町・東通村・風間浦村・佐井村・野辺地町・横浜町・六ヶ所村

PAGETOP
Copyright © 升田世喜男 事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.